読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけとーぶろぐ。

ソフトウェアの開発と、お絵かきと、雑記と。

画像ファイルの内容から適切な拡張子の文字列を得る

ImageSpiderに使った、画像ファイルの内容から適切な拡張子の文字列を得るコード、載せておきます。Rubyですけど何にでも書き換えられると思います。 

# 画像ファイルの内容から適切な拡張子の文字列を得る

# 不明な場合は空文字列を返す

# '.bmp' '.gif' '.jpg' '.png' '.psd' '.tif' に対応

# WBMP, JPEG 2000, PICT 等は

# ヘッダでの判定が複雑そうなのと一般的ではないことから割愛

#

# [data] 画像ファイルの内容(String)

def get_image_ext(data)

 

  bytes = []

  index = 0

  data.each_byte {|b|

    bytes.push(b)

    index += 1

    break if index >= 8

  }

  

  if bytes[0, 2] == [0x42,0x4D]

    return '.bmp'

  elsif bytes[0, 6] == [0x47, 0x49, 0x46, 0x38, 0x37, 0x61]

    return '.gif'

  elsif bytes[0, 6] == [0x47, 0x49, 0x46, 0x38, 0x39, 0x61]

    return '.gif'

  elsif bytes[0, 3] == [0xFF, 0xD8, 0xFF]

    return '.jpg'

  elsif bytes[0, 8] == [0x89, 0x50, 0x4E, 0x47, 0x0D, 0x0A, 0x1A, 0x0A]

    return '.png'

  elsif bytes[0, 4] == [0x38, 0x42, 0x50, 0x53]

    return '.psd'

  elsif bytes[0, 4] == [0x49, 0x49, 0x2A, 0x00]

    return '.tif'

  elsif bytes[0, 4] == [0x4D, 0x4D, 0x00, 0x2A]

    return '.tif'

  end

  return ""

end

参考サイト:

…コード載せる用の機能とかないんかなぁ。はてなブログは。