読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけとーぶろぐ。

ソフトウェアの開発と、お絵かきと、雑記と。

ChromebookにインストールしたUbuntuで日本語入力できるようにする

日本語入力したいだけならわりと短い手順でできることがわかった。
先回のシステムイメージバックアップで気軽にリトライできるようになり何度か試したおかげでもある。
以下手順。なおこの手順だと日本語入力できるだけでUIは英語のままです。

言語パック、日本語フォント、日本語IMEのインストール

以下のコマンドで「language-pack-ja-base」「language-pack-ja」をインストールして、
適当な日本語フォント(ここではモトヤマルベリとモトヤシーダ)をインストールして、
日本語IMEのMozcをインストール。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install language-pack-ja-base language-pack-ja
$ sudo apt-get install fonts-motoya-l-maruberi fonts-motoya-l-cedar
$ sudo apt-get install ibus-mozc

あとはGUIからの設定。

キーボードの設定

日本語キーボードなのに英語キーボードと認識されていたので以下で修正。

Applications Menu → Settings → Keyboard
→「Keyboard」のダイアログが表示されるので「Layout」タブを選択
→・「Use system defaults」のチェックを外す
 ・「Keyboard model」「Change layout option」「Compose key」を「-」に
 ・「Keyboard layout」を「jajpanese」のみにする
  (Addからjapaneseを選ぶと「Layout」が「japanese」で「Variant」が空で追加でき
  これで問題なさそう。)
→「Close」

日本語IMEの設定

Mozcを使えるようにする。

Applications Menu → Settings → Input Method
→「Input Method Configration」のダイアログが表示されるので「OK」
→Do you explicitly select the user configration?「Yes」
→「default」を選択して「OK」

Applications Menu → Settings → Keyboard Input Methods
→「IBus Preference」のダイアログが表示されるので「Input Method」タブを選択
→・「Customize active input methods」にチェックを入れる
 ・「Select an input method」から「Japanese - Mozc」を選択し「Add」をしたりして
 「Input Method」を「Japanese - Mozc」のみにする
→「Close」

IBus Daemon自動起動するようにする。

Applications Menu → Settings → Session and Startup
→「Session and Startup」のダイアログが表示されるので
 「Application Autostart」タブを選択
→「Add」
→「Add application」のダイアログが表示されるので
 「Name」「Command」に「ibus-daemon -rdx」と入力して「OK」
→「Close」

ログインし直すと「半角/全角」キーでIMEのON/OFFができるようになっている。